最新更新日:2019/03/19
本日:count up2
昨日:2
総数:16517
ようこそ!西谷認定こども園のホームページへ!

ミニお別れ会

いよいよ明日は卒園式です。
かぜ組とほし組の子どもたちは、今までたくさん遊んでもらったそら組の
お兄さんお姉さんに、ありがとうの気持ちを込めてこっそりプレゼントを
作っていました。

ふれあい大運動会で一緒に遊んだなかよしペアの友達に、フォトフレーム
ペンダントを作りました。なかよしペアのお兄さんお姉さんが喜ぶ顔を
思い浮かべながら、フレームにきれいなビーズを飾りました。
フレームには、ペアで写した写真が入っています。

「いっぱい遊んでくれて、ありがとう!」の言葉と一緒に、握手をする子ども、
大好きのぎゅーをする子ども、それぞれありがとうの気持ちを伝えていました。
画像1 画像1 画像2 画像2

ほし・めろん組 ごろく山里

ほし組とめろん組で一緒にごろく山里に出掛けました。
いつもはかぜ組やそら組のお兄さんお姉さんにリードしてもらっている
ほし組ですが、年下のめろん組と一緒となると、一緒に手をつないだり、
やさしくかかわったりと大はりきりでした!きれいなスイセンの花を
みんなで眺めました。
画像1 画像1 画像2 画像2

にじ組 ごろく山里

そら組の卒園まで、残り数日となりました。
今日は天気もよく絶好の散歩日和だったため、にじ組でごろく山里に
出掛けました。
ちょうど黄色の可愛らしいスイセンが咲き始めていました。
「きれいだね」「可愛いね」と、スイセンの花の様子を見ていました。
元気いっぱい走って遊んで、楽しい思い出ができました。
画像1 画像1 画像2 画像2

てくてく歩こう会ー天狗山登山ー

めろん(2歳児)・ほし(3歳児)・かぜ(4歳児)・そら(5歳児)で天狗山に登りました。ほし組は、めろん組と手をつないでちょっぴりお兄さんお姉さんになって歩いていました。
ズリ山(土砂の斜面)まで来ると、滑って登るのに苦戦しているかぜ組を見て、手を差し延べたり、側に行ったりするそら組のやさしい姿も見えました。

妙見さんまで登って、みんなで登れたことを喜び合いました。
お楽しみはズリ山滑り台!土砂の斜面を足やお尻で滑り降ります。みんなで連なって滑り降りる笑顔がキラキラと輝いていました。
楽しい思い出ができました。
画像1 画像1 画像2 画像2

音楽鑑賞会

西谷認定こども園に「SANDA WA MAMMY(さんだ わ まみー)」の皆さんが
来てくださいました。トランペットやクラリネット、フルートにホルンなどなど、
普段はあまり見たり聞いたりする機会の少ない楽器の演奏を聴かせて
くださいました。

曲目は、「夢をかなえてドラえもん」や「勇気100%」「サンサン体操」
「パプリカ」などなど、子どもたちが大好きな曲ばかり。アンコールの
「U.S.A」では、子どもたちの盛り上がりは最高潮に!!歌って踊って、
「カーモンベイビー アメリカ!」の大合唱でした!

さんだわまみーの皆さま、ありがとうございました!
画像1 画像1 画像2 画像2

ひなまつりのつどい

3月3日には少し早いですが、こども園のみんなでひなまつりのつどいを
しました。
0歳児から5歳児まで、みんな揃って自分たちがつくったひな人形を見合ったり、
ひなまつりの由来を聞いたり、「うれしいひなまつり」を歌ったりして過ごし
ました。

それぞれとても素敵なひな人形ができました。
画像1 画像1 画像2 画像2

太鼓指導 かぜ組

かぜ組の子どもたちが、黒拍子さんから太鼓指導を受けました。
そら組が太鼓を演奏する様子にずっと憧れてきたかぜ組の子どもたちは、
目をキラキラさせながら、教えていただいた新しいリズムをたたいていました。

進級に向けて、期待を膨らませています。

画像1 画像1 画像2 画像2

かぜ組 トカゲ、みーつけた!

 ぽかぽか陽気の日、すぐ近くの土手に散歩に行きました。
遊び始めてすぐさま「あっトカゲ!!」「え?!どこどこ??」「よし、みんなで
探そう!!」と、トカゲ探しが始まりました。「いた!」「ここにもいた!」
「これは赤ちゃん」「こっちはお母さんじゃない?」と、次から次へとトカゲが姿を
見せるので、「ここに家族で住んでるのかな?」「暖かくなったからいい
気持ちーって出てきたんと違う?」と、子ども同士で会話がはずんでいました。
「そーっと、やさしく撫でてね」「ベロがペロペロ出てるよ!」「可愛いねー」」と、
かぜ組の子どもたちは、トカゲにすっかり夢中になっていました。
身近な自然や生き物となかよしの子どもたちです♪
画像1 画像1 画像2 画像2

ほし組 さかなつり

先日須磨海浜水族園に遠足に行って、海の生き物たちに大喜びだったほし組の子どもたち。楽しかった経験からさかなつりの遊びをしました。

カラフルに色付けされたさかなたちは、自分で心を込めて塗りました。
「釣れたー!!」と、笑顔を見せる様子からは、水族園でいろいろなさかなを
見て楽しんでいた様子が思い出されました♪
画像1 画像1

そら組、小学校へ行く!(小学校授業参観)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日はそら組が一年生の授業を参観させてもらえる日です。
前日から「どんなことしてるのかな」「みんな椅子に座って話を聞いてるかな」
「難しいことをしているのかな」など自分が入学したらどんなことをするのか
期待と不安が入り混じっていました。

一年生の授業は算数でした。2桁の数の足し算と引き算でした。
目で見てわかる教材を使っての説明を聞いているうちに「あ、わかったかも」と
小さな声でつぶやくそら組も居ました。

一年生のノートを見せてもらったり、発言する時の約束を聞かせてもらったり
ちょっぴり小学生気分を味わわせてもらいました。

春から一年生!さらに、楽しみになったようです。

ソリ作り(そら組)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
先日の土手すべりの時にススキを見つけて「ねぇこれでソリ作ろうよ」という
友達の提案に「いいね!みんなで作ろう」「編んだらできるかな?」「どうやる?」
と、相談し始めました。
それから「いっぱい集めよう」「大きなの作れるくらい集めようよ」とススキを
集めて持ち帰りました。

ソリ作りは束ねたワラを機織りの要領で編んでいきました。
上下に上げたり下げたりして横にワラを通して作っていきました。
お互いに声を掛けあい、息の合った動きで編み上げました。

はたして、そりが完成すると交代交代でソリに乗って、ワラを片付けるために
手にしていた箒で「こうやって水をかくよ」と・・・。
「え?水?ソリじゃなくってゴンドラになったの?」と聞くと
「どっちもいけるんだよ!」と笑って答えた子どもたちでした。

天気のいい日に土手でソリを滑らすのが楽しみです。

春、みーつけ!

かぜ組とほし組で散歩に出掛けました。
園を出て、里山〜頂上に登り、約1時間半ほどの道のりを歩きました。

歩き始めてすぐに春を発見!
「ホーホケキョ!」と、山の方からウグイスの鳴き声が聞こえてきました。
「ホーホケキョって言ったね!」とみんなで耳をじっと澄まして聞きました。

道を歩いていくと、今度はきれいなスイセンの花が沢山咲いていました!
「あっスイセン!」「きれいだねー」みんなでスイセンの花を観賞して里山へ。

ウメやタンポポなど、その他にも沢山春を見つけた子どもたちは、
「春、みーつけ!」と笑顔を見せていました。


画像1 画像1 画像2 画像2

おわかれ遠足

おわかれ遠足で神戸市立須磨海浜水族園に行きました。
大きな観光バスに乗った子どもたちは、「ポートタワーだ!!」「海だよ!」と車窓からの景色にも大興奮でした。
水族園のイルカショーで大ジャンプをするイルカや水しぶきに「キャー!」と歓声をあげて喜んでいました。
帰りに須磨の海岸を散策していると、「見て!貝殻見付けた!」と貝殻探しをしたり、打ち寄せて来る波と一緒に遊んだりする時間を楽しみました。

楽しい思い出がたくさんできた遠足となりました♪
画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3

土手すべり (そら組)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
今日はそら組だけで地域の土手に遊びに行きました。
段ボールで作ったそりを持って時折雪がちらつく寒さの中でしたが
子どもたちはへっちゃらです。
「早く行こう!」「時間がへっちゃう!」と早足で土手に向かいました。

土手に着くなり土手の上まで駆け上がり「いくよー」と一人で滑ったり
「せーの」と友達と一緒に滑ったり思い思いの滑り方を楽しみました。

そりが先に滑り降りてしまってゴロゴロと転がり降りてきてはゲラゲラ
友達と一緒に大笑いしていました。
「明日もいこうね」「さっさと用意したらたくさん土手で遊べるよね!」
と次回の遊びが楽しみになりました。

生活発表会その後(にじ組)

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
生活発表会が無事に終わり、小学校や地域の老人会の方々との交流会も
終わりました。

「先生、役代わって遊ぶ?」と発表会後のお楽しみ役割交代です。
「スズナ姫やりたい」「大フクロウやりたい」とそれぞれにやりたい
役になって遊びました。やりたい役が重なった場面では、やりたい子ども全員が
経験できるようにその場面だけ何度もやりました。
友達の言葉もしっかり覚えていて、かぜ組の子どもがスズナ姫の長い
呪文を堂々と唱えると、「すごいー」「みんなちゃんと覚えてる」などお互いに
驚きの声をあげていました。

そして遊びの後で「こんな難しいことを○○ちゃんはやっていたんだね」
「すごいわ。やってみたら難しいことが分かった」など友達の頑張りを
再確認することができました。

節分

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
2月3日は節分です。
あいにく3日は日曜日なので1日の金曜にこども園では豆まきをしました。

それぞれの学年に合わせた折り紙の三宝(コップやツノコウバコなど)を自分で
折って豆を入れて、さぁ「鬼は外!福は内!」

『鬼』ってなんだろうね。と言う問いかけに「角が生えていて」「牙があって」
「金棒を持っているよ」とそれぞれ自分なりの鬼の話をしていました。
「鬼は外って豆をまくのはどの鬼のことなんだろうね」と聞くと、「心の鬼だよ」
「わたしは弱虫の鬼」「うそつき鬼かなぁ」などそれぞれに自分の心の中を見つめ
「鬼は外」と豆をまきました。

春が来て1つ大きくなった子ども達です。

小学校図工展

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
小学校の図工展にこども園も出展しました。
自分たちの作品や小学生・中学生の作品を見に行きました。

お兄さんお姉さんたちの作品を見て「わぁ面白い」「これ○○ちゃんの
おにいちゃんのだ」「きれいだねー」「どうやって作ったんだろう?」などじっくりと見ながら、色々な声が聞かれました。


雪のあさ

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
西谷の冬らしく冷え込んだ朝。
登園してみるとうっすらと雪が積もっていました。
子ども達は早速「雪合戦しよ!」「こっちにきれいな雪があるよ」
「雪だるまはちょっと無理かなー」など友達と会話しながら遊び始めました。

そのうち「先生にぶつけちゃえー」「もっと雪を集めて!」と
4歳・5歳が園庭の雪をかき集めて遊んだので、3歳が遊ぶ雪がなくなって
しまいました。
「よし!小学校のお庭に行ってみよう!」とほし組(3歳)は隣の小学校に遠征
して遊びました。

今度はもっともっとたくさん雪が降ったら雪だるまやカマクラを作りたいね♪

もうすぐ生活発表会

いよいよ生活発表会の日が近づいてきました。
ほし組は「きりかぶ」のお話、にじ組は「小さな山神スズナ姫」のお話をもとに発表します。どちらのクラスもこの1年自然に親しみ、近隣の田んぼや畑、里山などでたくさん遊んできました。
子どもたちはその経験も思い起こしながら、自然を大切に思う気持ちをお話の中に込めます。

当日は、子どもたちのキラキラ笑顔を応援していただければと思います。
よろしくお願いします。


画像1 画像1 画像2 画像2

雪の日

今日は特別寒い朝でした。
西谷は雪景色。
園庭にうっすら積もった雪に触れたり、雪合戦をしたりして遊びました。

「手袋をしないとね、手が凍っちゃうの!」と、ほし組(3歳児)の子どもたちが
教えてくれました。雪の感触や冷たさを感じたようです。
自然と触れ合う様々な経験を大切にしたいです。
画像1 画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
宝塚市立西谷認定こども園
〒669-1211
兵庫県宝塚市大原野字石保62-1
TEL:0797-91-0320
FAX:0797-91-1524