最新更新日:2020/06/29
本日:count up6
昨日:175
総数:290138
わたしたち宝塚中学校は『宝中 愛』○ありがとう ○あいさつ ○いのちを大切に ○いじめのない をスローガンとして、「どんどん学び」「生き生き活動」「みんなで感動」のために教職員一同頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

「 ようこそ宝中へ 」 〜スタディ 5月作品〜

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
生徒玄関や職員・来客玄関を入ったところでいつもお出迎えしてくれるのが、スタディの生徒が作る季節感あふれる作品です。 

5月は、こいのぼりの登場です。

 よく見るとうろこの部分は、さらに小さなこいのぼりが、真鯉はトイレットペーパーの芯で、緋鯉は発泡スチローで作られています。

 そういえば、4月に職員室では「トイレットペーパーの芯ありませんか?」のスタディの先生の呼びかけに「あ〜昨日捨てたばかりや。」などの会話が響いてました。
 
 スタディ作品は、どれも材料集めから頑張ってくれている力作です。校舎の東階段踊り場には、これまでの作品も展示されています。ぜひご覧ください。

「君たちが宝物です。」 〜宝中 愛ことば 4月〜

画像1 画像1
宝中の新年度がスタートして1ヶ月が経ちます。

宝中での生活の中で見つけた思いやりやまごころのことば、名付けて「宝中 愛ことば」を大切にし、皆さんにも紹介させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

初回は、生徒指導の先生からの言葉。

「君たちが宝物です。」
「宝中の先生たちは、君たちの味方です。みんなが居心地のいい学校づくりを目指していきます。」

始業式での生活の話の中で生徒に向けて伝えてくれました。

先生も生徒も一つになって、成長していく宝中を作り上げていきましょう。

「未来は教室にあったのです。」 〜宝中 愛ことば 4月〜

画像1 画像1
画像2 画像2
校長からも始業式では「宝中 愛」について、そして、全校集会では、ノーベル平和賞を受賞したユスフザイ・マララさんの受賞時の演説から「未来は教室にあったのです。」というものを紹介させていただきました。

平和な生活を送ることのできる感謝の気持ちを忘れない。

何気ない毎日の小さな努力の積み重ねが遠い未来につながっている。

というお話をさせていただきました。

現在、教室に来られてない仲間も含めて、それぞれの小さな努力を皆で積み重ね、皆で成長できることを願っています。


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
宝塚市立宝塚中学校
〒665-0834
兵庫県宝塚市美座1丁目1-20
TEL:0797-87-0292
FAX:0797-81-1037