最新更新日:2019/04/19
本日:count up5
昨日:86
総数:81842
宝塚市立中山五月台中学校ホームページへようこそ

全国学力・学習状況調査

この調査は、個々の力だけでなく、全体としてどのような傾向にあるのか、どのようなところにつまづきがあるのか、苦手があるのか、また学習状況等を把握・分析し今後の学習指導等の改善に役立てることを目的としています。
今年度は例年に加え、英語の「聞く、読む、書く」そして「話す」力の調査も行われました。


調査結果につきましては、設問ごとの正答等の状況が記載された個人票が返却される予定です。

1,2年学年体育

1年生・2年生それぞれの学年で体育を行いました。
学年教師全員が見守る中、ラジオ体操の練習などに懸命に取り組みました。
1年生は入学してまだ1週間。ラジオ体操も習ったばかり。これからでしょう。
やはり2年生は1年間やり続けた成果が出ていたように思われました。
さて、明日は全校体育。今年も五月台中生の本気を見せてくれることでしょう。

離任式


3月4月はどうしても別れが多くなる季節です。しかしたくさんの「ありがとう」がある季節です。そんな季節に9名の先生方が本校を離任されます。先生方にはいろいろな場面でたくさんお世話になりました。
新天地でも活躍してくださることでしょう。それに負けず我々も頑張ります。先生方が残してくれた素敵な宝物を大切にしながら、そしてその宝物がもっともっと輝くように。もっともっと素晴らしい学校にしていきます。
「本当にありがとうございました」

学校通信4月号

学校通信4月号を掲載しました。ご覧ください。

初めての給食

今日から給食が始まりました。 
1年生にとっては初めての中学校給食。自分たちで準備をしていくわけですがこれがなかなか難しいようです。当たり前のことながら、多く入れすぎると足らなくなる、少なすぎると余ってしまう。給食当番は担任の先生と四苦八苦しながらの準備で、食べ始めが少し遅くなったようです。これも経験の一つです。失敗したりしながら、徐々に慣れ、すぐに決められた時間に食べられるようになることでしょう。
2,3年生にとっても今年度初めての給食。1年間、感謝しながらおいしく残さず食べてください。給食調理のみなさん、今年もおいしい給食をお願いいたします。

歓迎!!


昨日、新入生歓迎会と部活動紹介が行なわれました。
入学式でも在校生全員で迎えましたが、今回は生徒主体の歓迎セレモニーです。吹奏楽部の演奏や校歌で歓迎しました。また生徒会執行部作成の五月中生の1日のビデオ放映。中学校での生活が少しでもわかってくれたらという先輩の思いが入ったものでした。
そのあとは、新入生も楽しみの一つとしている部活動の紹介です。各部2分間という短いアピール時間でしたが各部ともに趣向を凝らしたアピールとなっていたようです。
本日には部活動見学もあります。しっかり考えて、入る部を決めてほしいものです。どの部においても3年間続けて頑張れば、それも成長につながるものとなるはずです。

第40回入学式

76名の新入生を迎えることができました。
緊張した面持ちの中にも呼名ではしっかりと返事をしてくれていました。
これで今年度の全校生がそろいました。全生徒数250名。少し大きな学校なら1つの学年の規模です。それでも少人数であることの強みを最大限に生かしたいと考えています。まずは、学年関係なく、教職員全員ですべての生徒を育てていくことがその一つです。

250名の1年間が素晴らしいものとなることを願っています。

着任式・始業式

始業式に先がけ、新年度に着任した教職員の紹介をしました。
新メンバーをくわえ、さらに素晴らしい学校を作っていけるようにがんばっていきます。

始業式では校長先生から
「目標を達成しようと思えば、そこにはもちろんしんどいことや辛いこともある。そこでしっかり頑張ることが大切であり、その頑張った先に充実感が生まれる。」という話がありました。また
「頑張ったとしても努力したとしても、どうしても報われないこともある。それでも、一生懸命やったという事実が大切であり、そしてそこにこそ本当の充実感がある。」ということもお話いただきました。
新年度になり、各自が目標をもって頑張ろうという思いを持っているはずです。その思いに応えるために、そしてこれから1年後に一人一人に少しでも大きな充実感が残るように我々も努力していきます。

また生徒指導担当の先生からは
「脳が自分の発する言葉通りに働こうとする」という話がありました。
ネガティブな言葉を使い続ければそのような巡りあわせになることが多いようです。そのようなことから
「さらに自分を向上させるために、またより素晴らしい学校を作るためにも、ポジティブなプラス的な発言を増やしていこう。」という助言がありました。
言葉は不思議なものです。例えば、「たら」「れば」。
「あのとき、もっと勉強してたら・・・だった。」のように使うとどうしてもマイナスイメージになります。でも「もし、これができるようになったら・・・になるはず。」と使うとどうでしょうか。そんな言葉がたくさんあふれることってすばらしいと思います。

新年度もよろしくお願いいたします

本年度もこのHPから学校の様子などをお伝えしていきます。
少しでも楽しみにしていただけるようなものにしたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。



  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
学校行事
4/20 中体連春季大会
4/21 中体連春季大会
4/22 家庭訪問3
4/23 家庭訪問4
4/24 参観・懇談
トライやる・転地学習説明会
4/26 部活動結成会
宝塚市立中山五月台中学校
〒665-0871
兵庫県宝塚市中山五月台4丁目
20-1
TEL:0797-88-7512
FAX:0797-89-0759