最新更新日:2019/02/15
本日:count up32
昨日:95
総数:231062
御殿山中学校のホームページへようこそ!インフルエンザ、まだまだ気は許せません。引き続き、うがい手洗い、快眠快食で予防に努めてください。

西谷太ねぎ

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
1年生は食育の授業。
宝塚西谷地区の農家の方、市役所農政課の方、市教委学校給食課の方においでいただき、「西谷太ねぎ」についてお話と試食(焼きねぎ)。御殿山中校区では農業を営んでいる方はほとんどお目にかかれませんが、西谷地区では牧場も田んぼも畑もあります。農業は食料を生産する重要な産業ですが、現在の日本では盛んに行われているとは言えません。西谷の農家の方も関係者の高齢化、後継者不足について話しておられました。そして、最近のSNS等でのコンビニや飲食店での悪ふざけ投稿についても、食に携わる者として、すごく悲しい気持ちになるとも。今の私たちにできることは、小さなことかもしれませんが、食について学び、食べ物を大切にすることです。
授業後、生徒たちは1本ずつねぎをお土産にもらいました。
「西谷太ねぎ」を使ってのおすすめレシピは
1.焼きネギ 2.ねぎの天ぷら 3.すき焼き 4.ねぎと鶏肉の塩炒め・・・ということです!
「1年生」のページに授業の様子をUPいたします。

俳句の神様が降りてきた

画像1 画像1 画像2 画像2
俳句の神様が降りてきた

とは国語科の某先生の台詞です。
第2回御殿山中俳句名人戦開催中につき、見つけた時間で俳句作りに取り組んでいたようですが、何かいい句が浮かんだのか。
俳句を作っている時でも、数学の問題を解いている時でも、「ひらめき」が求められることってあると思います。今回の場合、「ひらめいた」=「神様が降りてきた」ということになるのでしょうか。でも、「ひらめき」に出会うためには、たくさんの引き出しを持っていることが必要です。俳句でいえば言葉。数学でいえば定理や法則?中学校で勉強することなんて将来役に立つの?時々そんなことが話題に上がりますが、幅広い知識や知恵、技術を持っていることは、豊かな生活につながりうると思います。
自画自賛気味の某先生。どんな俳句を作ったのでしょうか。楽しみです。

そして、今日入試に臨んでいる3年生。受験の神様が舞い降りてきますように。

2月14日

バレンタインデー。
ハロウィン。節分の恵方巻。(ロールケーキ!?)ホワイトデー。いつの間にか現れたイベントごとは数多くありますが、すっかり定着したイベントですね。人に気持ちを伝えること。ふだん何気なくできていることもあれば、なかなかうまく伝わらない、伝える前に立ち止まってしまう・・・こともたくさんあると思います。バレンタインという名前を借りて、何かを伝えてみるきっかけにするのもありかもしれませんね。近年は男だから、女だからという言いようは随分減ってきたように思いますが、世の男たちは、やはり気になる今日なのでしょうか。
それはさておき、明日は公立高校の推薦、特色選抜、多部制の1期入試です。本校からもたくさんの生徒がトライします。適性検査、実技検査、小論文の対策はバッチリ?面接ではこの学校で学びたいという熱意をしっかりと伝えられるように!健闘を祈ってます。

「あの子からチョコをわたされ有頂天 なんだあいつももらってたのか」

画像1 画像1

第2回

画像1 画像1
第2回御殿山中俳句名人戦。開催する運びとなりました。
前回の名人戦、「面白かったです」「またしたいです」という生徒たちの声をたくさん聞きました。受験で忙しい3年生ではありますが、うまく時間を見つけて投句してほしいと思います。今回のお題は「春の風」「ぶらんこ」の2つ。「ぶらんこ」が季語だとは知りませんでした。知らなければ、「春の風」と「ぶらんこ」をいっしょに使ってしまうところです。(風とぶらんこは結びつけやすい!)
以下ひとりごと。
「春の風」は何にでもつながりそう。作りやすそうに見えるけど、平凡なものになってしまいそう。意外な取り合わせが浮かぶといいのだけれど。そういう意味では難しいお題かも。「ぶらんこ」はイメージが限定されそうで、それから離れようとすると、こねくり回してわけがわからなくなりそう。これも結構難しいお題かも。でも、結局は難しく考えようとすることに問題があるのかも・・・。

「名人戦 頭を悩ますぼくのこと 笑って見てる春のブランコ」

カツ

土日に行われた私立高入試。試験が終っての連絡電話。「できました」と話してくれた人がたくさんいて、頼もしく感じました。これまでの努力が実を結んだのか、お守りのご利益があったのか、ゲン担ぎの食事(カツ?)が功を奏したのか。
そして、昨日から今日にかけて早速その結果が届いているようです。
専願受験で合格した人はひと安心ですね。何をいつまでにという、この後の手続きについて確認してください。併願受験だった人。第1志望合格に向けて、気を抜かずにもうひと頑張りです。今週金曜日の公立推薦入試。卒業式後の公立一般入試。これからの教室は、いろいろな状況にある人が混在します。お互いがお互いを思いやりながら、生活できるといいですね。

「ハムカツもカツにちがいはなかりけり おかげで手ごたえ高校入試」

画像1 画像1

入試前日

画像1 画像1 画像2 画像2
○○君は明日、上靴いるの?
いります!
○○君は?
?わかりません。
なんでやねん!
○○君は明日何時に起きたらいいの?
6時です!
お守りはどこのが一番かなあ。
北野天満宮!
いや太宰府天満宮のほうが格上やな!
校長先生お手製のがあるやろ。
あんまりたくさん持っていったら神様がケンカするで。
今日はおいしいもの食べて早く寝てください。
やっぱり「カツ丼」にきまりやね。
レンコンとかコンブもいいらしいで。
何ゆうてんねん。今トレンディなんは「サイキョー焼き」やで。
「最強焼き?なにそれ?」
「サイキョー焼きは西京焼きやろ。」

途中からフィクションが入ってしまいましたが、何はともあれ、
人事を尽くして天命を待つ。

泰然自若

学級閉鎖となっていた2クラスが明日から復活。まだ出席停止が解除されない生徒はいますが、久しぶりに全クラスがそろいます。このまま、インフルエンザの流行が収束に向かってくれればよいのですが。
3年生はいよいよ私立高入試です。同じ学校を受験するグループで、集合時刻、集合場所などを確認したと思いますが、下車する駅や交通費も含めて、もう一度自分自身で必要事項を確認してください。
■集合時刻 ■集合場所 ■チェックを受ける場所 ■チェックを受ける先生 ■下車駅 ■所要時間 ■高校での集合時刻 ■持ち物(教室に時計がない場合もあります。腕時計は持っていたほうがよいでしょう。スマホ類は原則持ち込みできないことになっていると思います。気をつけてください。)
今からはあせってもどうにもなりません。特に前日は早めに寝るようにして、当日余裕をもって起きましょう。時間がない時って、どうしてもあわててしまって、思わぬ失敗をしてしまいますからね。「泰然自若」。堂々と受験に臨みましょう!

「ゆるぎなし泰然自若樹木希林 重ねた時間自信に変えて」

※泰然自若が似合う人、樹木希林さんだと思うのですが。
画像1 画像1

出願状況の訂正

昨日ホームページに記載した、伊丹西高校の特色選抜出願状況の数字に誤りがありました。正しくは以下の通りです。

■伊丹西高校 特色選抜募集人数 28名 出願35名 倍率1.25倍

記事も訂正させていただきました。
大変失礼いたしました。
ご指摘いただきありがとうございます。

出願状況 取り急ぎ

公立高校推薦・特色選抜の出願が本日の12時でしめきられました。
その出願状況が兵庫県教委のホームページにも発表されています。一部紹介します。推薦入試・特色選抜はそれぞれのスタイルでの受検にチャレンジすることになります。倍率をみて不安になることもあると思いますが、最大限自分をアピールするしかない。ある意味開き直りも必要です。でも、ますはその前に今週末の私立高校入試を無事にクリアすることから!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

画像1 画像1 画像2 画像2
千葉県の小学生の痛ましいニュースが大きく報じられています。
親と子の間でどうしてそんなことに・・・と思ってしまいます。
そんな中で今日は2年生の生徒対象に、トライやる・ウィークでもお世話になっている校区の産婦人科の先生に来ていただき、「命の尊さ」について考える機会をもらいました。
誕生日。中学生のみんなはお祝いをしてもらうと思いますが、自分を生んでくれたことに感謝する日でもあります。
生んでくれてありがとう。
生まれてきてくれてありがとう。
親子。永遠にそんな関係でありたい。
女性スタッフの方が、生まれたての赤ちゃんの写真を見せてくれながら、何度も「可愛いでしょ」「可愛いでしょ」と言っておられました。赤ちゃんに可愛いと言ってあげること。かわいいという言葉の中に「愛」という字が使われている。そういうこと、なんですよね。
後半は妊婦体験。(こちらの様子は「2年生」のページに)
先生の話の中に、「家に帰ったら母子手帳を見せてもらって」という内容がありました。早速「見せて」という子どもたちがいっぱいいるかも?

「母子手帳ひも解いてみる春隣」 (今日は珍しく俳句ver)

閉鎖

先週までインフルエンザによる欠席は断続的に少数で推移。今年は、なんとか学級閉鎖は逃れられそう・・・と思っていました。しかしながら週明けの今日、1年生、2年生で急激に欠席者が増加。2クラスを木曜日まで学級閉鎖としました。週末に入試をひかえている3年生は、まだ欠席が少なめですが、兄弟関係もあり感染が心配です。万が一の場合、別室での受験や別日の受験などの対応はありますが、ベストなコンディションで予定された日に受験できるに越したことはありません。快眠快食、うがい手洗い、部屋の換気などなど予防のための手立てはしておきたいですね。
登校してきたものの、すぐに体調不良を訴え、保健室に来る生徒たちも少なくありません。インフルエンザは感染力の強い病気です。朝、熱がある場合は登校を見合わせて、体を休ませることも考えてください。また、早退させたほうがよいと判断した場合、保護者の方に連絡を取らせてもらってからになります。連絡がつきやすい状態をお願いします。

「兄ちゃんの部屋の前忍び足 こんなにも気をつかう立春」

画像1 画像1

春隣

画像1 画像1 画像2 画像2
雪の舞う寒い朝。2月となりました。
月例の全校集会が行われましたが、今日からは2年生を中心とした新生徒会執行部が進行役です。冒頭には、人権同和学びの集いに参加した時の様子を報告してくれました。(1月23日のホームページに関連記事があります。)平和についての話。生徒たちの日常会話ではあまり話題にならないことかも知れませんが、何かの機会を見つけて、じっくりと考えてみたいテーマです。おそらく、世界中の誰もが、子どもも大人も、平和を否定する人、平和に反対する人はいない。にも関わらず戦争や争いごとはいまだになくならない。人が起こす行為だから、人が変えていけるはずなのに。

校長先生からは受験生である3年生を応援する俳句の紹介がありました。(学校通信の2月号でもふれています。)「凛々と制服正して春隣」。市内の保健体育科の先生の作だとか。

まだ明け初めぬ空
寒く凍てついた空気
かじかむ手 白い息
胸に手を当てて感じる 少し速めの心音
ポケットに入れた大事な人からのお守り
固めに結びなおした靴紐
時刻を合わせた腕時計
笑顔で見送ってくれる人
ぽんとほほをたたいて 駅までの急ぎ足
春はもうそこまで

授業

画像1 画像1 画像2 画像2
昨日今日とオープンスクールということで、授業を公開しております。
ご参観くださったみなさま、寒い中、玄関で受付をしていただいたPTAのみなさま、ありがとうございます。
学校で過ごす大半の時間は授業です。この授業とどうつきあうか。生徒からすれば受け身にならないことが大切なのですが、それ以上に先生が受け身にさせない授業を工夫していくことが大切だと思います。
よりよい授業を求める営みに終わりはありません。授業のスタイルもかつての講義型の授業から、ずいぶん変わってきています。グループ学習や体験的学習、ICT機器を使いながらの授業も日常的に行われるようになりました。その中で気をつけなければならないことがあると思っています。先生が教えやすい方法が生徒にとってわかりやすい方法だとは限らない。優先されるのは、言うまでもなく後者です。
変化に対応できる力は、これからの社会を生きる子どもたちに必要な力ですが、その子どもたちの教育に携わる私たちにも必要な力です。
なんだか、いつもと違って難しい話になってしまいました。気がつけば1月も終わりですね。

「ミルクティー ひとつ多めに角砂糖 ぬくもりほしい朝2月かな」

答え

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
「靴をそろえよう」
1年生の下足箱付近に、学代(学級代表)委員会の呼びかけの掲示物でしょうか。誰もが靴を出し入れするときに目に入るようになっています。梵字徹底。当たり前のことを当たり前にする。言うは易し行うは難し、ですね。「玄関を見ればその家がわかる」と言われることがありますが、それは学校にしても同じ。あながち的外れではないと思います。何より、下足箱の靴がきれいにそろえられているのは、気持ちのいいものです。日常の中の気づきは大事にしたい、いつも思っていることですが、生徒たちはどうだろう?目にした文字が自分の行動につながるところまで行っているでしょうか?気持ちのいい学校づくりは、何も委員にならなくても、できることはいっぱいあるのです。

理由は自分でもよくわからないけど、今日は学校へ行きたくないなあ、と思う日は誰しもあるものです。もしかしたら、本当は理由はわかってるんだけど、あえてそれを見たくない時もあります。すぐに答えが出ない時もある。答えなんてない時もある。何かに気づいたとき、一歩進めるのかもしれません。

「なんでだろ 答えが出ない時もある 身をまかせるもよし寒椿」

後悔したくない

やはり、話さずにはいられません。
全豪オープンテニス。女子シングルス決勝。
テニスに詳しいわけではありませんでしたが、すごい試合でした。
大坂なおみ選手、優勝おめでとう!
もさもさとそのへんにあるモノを無差別に食べようとする孫を制止しつつ、断続的にテレビを見ておりました。
すごかったのは大坂選手だけではありません。対戦相手のクビトバ選手。第2セット。0−40のトリプルマッチポイントで絶体絶命の場面。1ポイントでも許せば勝負が決まるという極限状態でのゲームキープ。あきらめない集中力が生む底力というか、言葉にならないスゴさ。逆に大坂選手にしてみればほぼ手中にしていた勝利を逃がしてしまった。その落胆も想像に余ります。動揺も大きかったと思います。これまでの彼女だったら(彼女でなくても)、そのままズルズルと第3セットも失っていた。でも、試合後のインタビューにこんな言葉がありました。「(冷静さを失ったままゲームに臨んで)後悔したくないと思った。」
何か判断に迷ったとき、決断する最後のよりどころは「後悔しない」ことかも知れませんね。チャンピオンシップポイントをとった時の大坂選手の小さなガッツポーズが、とても印象的でした。

画像1 画像1

オープンスクール

画像1 画像1
週末、各地で雪になったようですね。
宝塚近辺ではさほど積雪にはならなかったようですが、近畿圏内でも雪化粧したところが多くあったようです。そんな週明け、インフルエンザの拡大を心配していましたが、今のところはまだ急激な感染状況は見られません。とはいっても、熱があって早退する生徒も何人か。まだまだ気を許せません。
さて、30日(水)、31日(木)はオープンスクールを実施します。
■30日は午前中4校時を公開。
■31日は3年生は4校時までを公開。1、2年生は5校時も参観授業その後、学年懇談会を行います。
今日、地域の方からオープンスクールに関して問い合わせをいただきました。
「地域の住民なのですが、オープンスクールは行ってもいいんですか?」
うれしいお電話です。地域の方にはなかなかご案内を差し上げる機会がないのですが、ぜひご来校ください。玄関付近に受付を設けておりますので、ご記名いただいた上ご参観ください。なお、オープンスクール中は生徒玄関付近で、「school life in GOTE中」スライドを上映する予定です。今回の上映内容は「吹奏楽部定期演奏会2018」「3年生修学旅行NEW ver」「運動部新人大会」「日常のあれこれ」です。お時間があればご覧ください。

あっという間にもう2月ですね。

「如月に君と聴くのはあのショパン 過ぎてった日々切なく蒼く」

ミートスパゲッティ

3年生が国語の授業で詩の創作に取り組んでいるようです。生徒の作品を掲示のために整理していたH先生が、「面白いのがありますよ。」というので、少し見せてもらうと・・・ホントに面白い!一番目を引いたのが、「ミートスパゲティ」。タイトルからして、え?どんな内容になるの?と気になります。子どもらしいストーリー展開もユニーク!私もたまに詩らしきものにトライしたりしますが、これはとても書けない。つくづく感心しました。

金髪ロングの髪の毛に
赤い帽子を被る君
頭にかかる粉雪で
まるであなたはミートスパ

一目見てすぐにほれました
ごはんでもぜひどうですか
そしてお店に入ったら
注文したのはミートスパ

お待たせしましたお客様
なぜか一皿ミートスパ
とまどいながら食べる僕
それにつられて食べる君

一つの皿の一本を
二人が偶然たぐりよせ
君と僕をつなぐのは
恋という名のミートスパ

画像1 画像1

みんなで遊んだ

昨日ひょんなことから3年生の一言日記を読むことがありました。
まず驚いたのは、一言日記と言いながら、みんなけっこうな量の文を書いていること。「眠い〜」やら「給食おいしかった」とか「受験いや〜」とか、あっさりしたのを予想していたのですが、なかなかどうして。読み応えがありました。体育の授業、サッカーで抱腹絶倒のプレーがあったこと。今日は1日が短く感じられたこと。何回も問題集をやり直して受験に備えていることなどなど。中でも感心したのは、昼休みにクラスみんなで遊んで楽しかった!という話題。昼休みに小グループでバスケットをしたり、バレーボールをしたりはよくあることですが、3年生のこの時期にみんなで遊ぼう、となるのがなんだかステキです。(しかも鬼ごっこらしい!)4月から作ってきたクラスの雰囲気がなせる業でしょうか。これから卒業まで、悲喜こもごもの時もあるけど、なんだか温かい時間が過ごせそうな予感がします。

「駆け出した1月の空春浅き 集めて拾う君との時間」

画像1 画像1

中学生ってすごい!

1月19日(土)に教育総合センターで行われた人権交流学びの集い。テーマごとに8つの分科会があり、「生徒たちと考える『平和』」分科会に本校の生徒も参加してくれました。その様子を校長先生がレポートにし、私たちにも伝えてくれました。自らの活動をプレゼンしてくれた生徒。(これは他校生です)それに対しての質問。意見交換。グループ討議。討議内容の発表。「平和」という大きなテーマについて、真摯に考えた発言、その言葉。感心させられるとともに、感動的であったようです。「平和」について自分ができること。とく問われるシーンです。中学生の自分ができることなんて(大人でもいっしょですが)、で止まってしまいそうですが、こんなふうに言ってくれた中学生がいたそうです。

「人は微力ではあるが、無力ではない。何もしなければ微力でさえ出せない。」

中学生ならではの純粋さ、一途さ、感性。それは、時に大人である私たちをはるかに凌駕します。ならばこそ、私たちがどう子どもたちを導き、あるいは自身がどうあるべきかが問われるのだと思います。いろいろと考えさせられた朝でした。

「昨日の記憶 明日への夢 つながっているんだ この手のひらの中で」

画像1 画像1 画像2 画像2

兆し

3年生は明日私立高受験の出願をします。
昨今はWEB出願や郵送出願が多くなってきたこともあり、以前ほどたくさんの生徒が受験校まで行くことはなくなりました。とはいえ、トラブルなく気をつけて行ってきてほしいものです。
確認は大丈夫ですか?
 ■高校までの利用交通機関。
 ■交通費。
 ■所要時間。
 ■受付締め切り時刻。 
 ■出願書類。
 ■服装。
忘れないでね。
 ■気持ちのいいあいさつ。
  「こんにちは」「お願いします」「ありがとうございました」
出願が終わったら。
 ■家に帰るまで、事故やけがに注意。
 ■リーダーは学校に終了報告。
 ■翌日は受験番号を学校に報告。

一方でインフルエンザが流行の兆し。心配です。今日は先生にも第1号が発生。
「毎日遅くまで仕事してたしな。疲れがたまってたか。」
「家、寒いからな。宝塚よりは5度ぐらい気温低いし。」
「通勤の電車でもらったんとちゃう?」
「体格いいから並みの量の予防注射じゃきかなかったのでは?」
「○ートテックを着込んでたハズなのに、効果なかったんかな?」
(職員の会話には不確かな情報による憶測も過分にしてあります。あしからず)

「インフルになるなと豪語してたけど 欠席欄にセンセの名前」

画像1 画像1
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
学校行事
2/20 期末テスト(給食なし)
公立高推薦入試等合格発表
2/21 期末テスト(給食なし)
2/22 期末テスト
宝塚市立御殿山中学校
〒665-0841
兵庫県宝塚市御殿山1丁目3-1
TEL:0797-86-7771
FAX:0797-81-2849