最新更新日:2020/06/05
本日:count up124
昨日:451
総数:357265
★★★ようこそ! 宝塚第一中学校のホームページへ! ★★★   〜「 みんなでつくる みんなの学校 一中 」〜

「昭和の日」GWスタートですが…。

 4月29日は「昭和の日」ですが、平成生まれの生徒たちには何の日かと戸惑うかもしれませんね。
 昨日は、緊急事態宣言下で未だに学校再開が望めず臨時休校が「延長」となりました。
 宝塚市のHPには教育長からのメッセージがUPされていますので掲載します。

 ➡️【宝塚市教員長からのメッセージ】

 本日はいい天気でしたが、生徒の皆さんは正しく太陽の光を浴びていますか?
 「未来は私たちの今の行動にかかっています。」
 #ステイホーム

画像1 画像1

2020「インターハイ」の中止…。

画像1 画像1
 先週「全国中学校総合体育大会(全中)」の中止の報道、そして昨日「全国高等学校総合体育大会」いわゆる“インターハイ”の中止が決まった…。

 学校教育に携わる者として、このニュースは大きな衝撃を受けました。中学校のジュニア世代、そして高等学校からのユース世代が後のオリンピック等の世界大会に向けたスタートになったアスリートたちも少なくないでしょう。
 確かに日本の「部活動」は世界でも例を見ないシステム。外部のスポーツチームに参加している生徒にとって、この「総体」はあまり影響しないかもしれないが、種目によってはこれから先の進路選択において大きなチャンスを失ったとみる高校の指導者も少なくないでしょう。

 私自身の経験からも中高の青春時代は1年中部活動に明け暮れ、選抜・総体・国体と続く中、最後の試合に敗れた時の喪失感は忘れがたいものがあります。事実、進路選択に大きく影響しましたから…。
 しかし、(私の場合ですが)この年齢になってしまうと「そんなこともあったなぁ」と思い、その後の波乱万丈の人生にはそんなに影響しないものだとも感じます。

 どうか、この未曾有の「災害級の緊急事態」を、いかにして自分の人生の糧(かて)にするか、できるかが問われているのでしょう。つらい時にもがき苦しんだ先に見える「虹」の素晴らしさが、この総体スローガンに込められているのかもしれません。
画像2 画像2

お買い物にひと工夫を…。

画像1 画像1
「密」の回避は、お買い物にも。
生活必需品のために頑張っておられる人たちがいます。
今できることを、続けることが必要です。

clap for carers

画像1 画像1
clap for carers
「クラップフォーケアラーズ」

昨日正午に宝塚市役所からの呼びかけで、「新型コロナウイルス感染症」に最前線で闘う医療従事者や介護従事者に拍手をおくることがニュースになった。
ヨーロッパを中心に『FridayOvation』として広まった一連の取り組み。
今、一人ひとりが出きることを!

一中生は、今何が出きるか「考えよう!」

心のケアも忘れずに…。

画像1 画像1 画像2 画像2
 運動によるストレス解消ができる人はぜひ汗をかいてください!
 しかし、心のストレスを感じている人も多いかも…。
 運動は体が本来持っている働きを充分に使ってあげたから、体が喜んでいるんだと思います。

 心も同じなんです。
 心が本来持っているはたらきを充分に使ってあげたら、心も喜んでくれます。

 なかなか汗をかきにくい「心」ですが、本を読んだり映画(ネットでも可)を観たりして「心の汗」をかいてみましょう。心が揺れて出てきた「涙」は「心の汗」とよく言われます。
 「絵画」や「ポスター」に共感する人もいるでしょう。
 「カレンダー」の次の写真を見たり、いろんな「時計」を見たり…。

 「臨時休校」が続く中、兵庫県では、心理的なストレスに対する「心のケア」に対応するため、電話やSNSによる「相談窓口」を設けていますので紹介しておきます。

 ➡『ひょうごっ子悩み相談』(電話)
 ひょうごっ子 <いじめ・体罰・子ども安全>
  相談24時間ホットライン
  0120−078−310
  (通話料無料・携帯電話利用可)

 ➡『ひょうごっ子SNS悩みの相談』(SNS)
 上記サイトからチャットで相談可能

「免疫力」向上のからだづくり

画像1 画像1
 昨日「日本赤十字社」の動画を見て心配になった生徒もいるかもしれませんね。
 でも大丈夫!「宝塚第一中学校」の生徒の周りには「ステキな大人」がたくさんおられます。安心して「登校できる日」を楽しみにしていてくださいね。

 今までこのHPでは「太陽の光を浴びなさい」と何度も伝えてきましたが、残念ながら公園など集団で騒いでいる人がいて、誰かに迷惑をかけてしまっていることに気が付いていないようです。
 現在も感染のリスクは高く、症状がなくても「うつらない、うつさない」行動が求められています。「ステキな大人」が声かけしてくれたら素直に聴きましょうね。

 さて、本来ならこの週末は市内中体連の「春季大会」の頃…。
 残念ながら休校が続く中、「運動不足」は否(いな)めません。そんなストレスを解消し、美味しいご飯を食べ、ぐっすり深い睡眠をとるためにある動画をお勧めします。
 兵庫県教育委員会:体育保健課(保健体育の先生たちが行政〈県庁〉で働いているところ)が作ったサイト『運動プログラム(中学校編)』を参考にしてはいかがでしょう。

 ➡『運動プログラム(中学校編)』

【日本赤十字社】HPより

画像1 画像1
【日本赤十字社】HPより

 ➡新型コロナウイルスの3つの顔を知ろう!
  〜負のスパイラルを断ち切るために〜

◆「気づき」
コロナウイルスとは何なのか?
自分にはどんなことが起こっているのか?

◆「考え」
コロナウイルスでどんな危険があるのか?
自分たちにもどう関係しているのか?

◆「実行する」
それらを踏まえて、自分たちには
どのようなことができるだろうか?


 また、「ウイルスの次にやってくるもの」と題した動画が話題になり、共感を集めているという。動画についてはリンクが張れませんのでご了承願います。
 参考URL:www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4

「アマビエ」という妖怪

画像1 画像1
平安時代初期の864年に「疫病」から国を守るように祈った京都の催し「祇園祭」の中止が決まった。

SNS上では「アマビエ」という妖怪が話題に…。

「アマビエ」とは、日本に伝わる妖怪。江戸時代の1846年に肥後国(熊本県)で、たった一度だけ出現しただけの稀少な妖怪だという。当時の「瓦版」に取り上げられ遠い江戸まで広まった。
疫病が流行った時には『私の姿を絵に写して人々に見せるべし』というが、原種の「アマビコ」の方は『私の姿を見る者は無病長寿、早々にこのことを全国に広めよ』と告げているらしい。

いずれにせよ、この妖怪のイラストを使った啓発用アイコンが厚生労働省ホームページに公開されている。若年層は感染しても無症状や軽症の場合が多く、「自覚がないまま感染を広げる危険性が高いことを知ってもらい、拡大を予防してほしい」とのこと。

宝塚第一中学校の生徒たちにも「自覚ある行動」をお願いしたい。

ジョギングエチケット

画像1 画像1
 自粛の中、武庫川河川敷等ではジョギングをする方が増えたような気がします。生徒たちにも「運動」の機会は大切なのですが、合わせてリスクも学んでください。そうすれば公園において集団で騒ぐことのリスクの高さも学べるでしょう。
 大切な人を守るためにも…。

 ➡私が尊敬する【「山中伸弥」先生のブログ】より

「外出自粛が続いていますが、時々のジョギングや散歩はOKと言われています。以前より、ジョギングをする人が増えているようにも思います。新型コロナウイルスは感染しても多くの人は無症状です。発症する場合も、潜伏期にすでに感染力があると考えられています。ジョギングできるくらい元気でも、実は感染しているかもしれません。走って大きな息をするときは、咳やくしゃみと同じように周囲への配慮が望まれます。マスク、もしくはバフ等でジョギングエチケットを心がけましょう。」と。

「君」といふ字。

 ネットやSNS上で話題になっている様子。
 
  しばらくは 離れて暮らす
  コ と ロ と ナ
  つぎ逢ふ時は 君といふ字に

 私も卒業生の保護者から教えていただきビックリ…。

 「しばらくは…」で検索すればすぐにヒットする「君」という字の「絵手紙」的画像もなかなかの雰囲気です。
 早くクラスの「仲間」に逢いたいね…。

新型コロナクラスター対策専門家

新型コロナウイルスの感染リスクを減らすために。
一人ひとりが、今できることを…。
画像1 画像1

新型コロナクラスター対策専門家

「新型コロナクラスター対策専門家」のサイトより、北海道大学の西浦先生がPPで作られたものです。
「医療崩壊」を起こさない為に…。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

世界中で…。

世界中で、様々な人たちが呼びかけています。
画像1 画像1

岡崎慎司選手からメッセージが届きました!

 宝塚市出身のプロサッカー選手で、現在ラ・リーガ2部のSDウエスカに所属する岡崎慎司さんから、子どもたち皆さんへメッセージをいただきました!

 ➡「岡崎慎司選手からメッセージ」

1日のスケジュールを。

画像1 画像1
 家庭学習が続きますが、健康が第一。
 健康とは「心」と「からだ」が健やかに育つことです。中学生の君たちは日々「からだ」が成長していきます。その成長とともに「心」が育たなくては「ステキな大人」にはなれません。

 では、いま何ができるでしょう。
 学校という「場」と「出会い」が制限されている中、自分で考える時間がたくさん増えています。逆に言えば、自分勝手な時間の使い方になってしまう危険があります。卒業前に休校が続いた卒業生の中には、1日のスケジュール(時間割)を決め、スマホで決まった時間に「チャイム」のような音が鳴るように設定しているという話を聞きました。学校と違うのは「給食」がないこと。その時間は「調理実習」とか…。「掃除」の時間も「お風呂掃除」。そして、ゲームや動画も適度の時間組み込んでいたそうです。(学校ではできないけどね)

 1日のスケジュールができれば、「今週末にはここまでやろう!」という「目標」ができます。「目標」があれば、きっと一日一日が実りある日々になることでしょう。
 誰に注意されるでもなく、自らの学びを続けられることを「生涯学習」といいます。ぜひ、君たちにも「ステキな大人」への道を選んでほしいと期待しています。

生徒のみなさんへ

画像1 画像1
 生徒のみなさんへ
 (PCで見たりスマホで見たりしていると期待しています)

 大変な日々が続いています。これほどのことは世界中が経験したことのない状況だと学んでください。
 とにかく今は、「ウチにいてください」
 「バランスのいい食事」と「深い睡眠」
 そして、「太陽の光を浴びてください」と言い続けてきました。

 太陽の光を浴びるのには「工夫」がいります。
 しかし、今大勢でバスケットやサッカーをすればどうなるか考えてください。

 その外出、どうしても必要ですか?と

自分たちを信じる。

プロサッカー「三浦知良」選手の公式サイトより
http://www.kazu-miura.com/column/detail/?articl...

 すべての行動が制限されるわけでない緊急事態宣言は「緩い」という声がある。でもそれは、日本人の力を信じているからだと僕は信じたい。きつく強制しなくても、一人ひとりのモラルで動いてくれると信頼されたのだと受け止めたい。


 戦争や災害で苦しいとき、隣の人へ手を差し伸べ助け合ってきた。暴動ではなく協調があった。日本にはそんな例がたくさんある。世界でも有数の生真面目さ、規律の高さ。それをサッカーの代表でも日常のピッチでもみてきた。僕らは自分たちの力をもう少し信じていい。日本人はこういうとき、「やれるんだ」と。

春季休業10日目

画像1 画像1
春季休業10日目。

新しい先生たちを迎え、職員室も配置が変わりました。週明けには「新入生登校日」があります。臨時休校から春季休業に入り、部活動もなく動きにくい日々が続いていますが、在校生のみなさんは、変わらず元気にしていますか?

校門の桜同様にあちらこちらから「桜だより」が聞こえてきますね。今日のような陽射しのいい日は、太陽の光を浴びましょう。何故なら「免疫力」をつけることが大切だからです。
そして、適度な運動を心がけ、質のいい睡眠を。
不安な日が続いていますが、正しい情報を踏まえて、自ら考えて正しい行動ができる笑顔のステキな人になって再会しましょう。

学習に困ったら…こんなサイトも(^-^)v
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushi...


画像2 画像2

春季休業7日目【新年度!】

 春季休業7日目。
 暦は4月1日を迎えました。
 新年度もどうぞよろしくお願いいたします。
 

 本来なら「春」を感じ、新学期への思いを新たにスタートしたいところですが、国内外の状況は厳しさを増すばかり。しかし、不安ばかり先行していては学校とは言えません。新年度を迎え、日々学校再開への準備と工夫に知恵を出し合っています。

 今日は冷たい雨ですが、昨日の校門前と体育館前の「桜」をUPいたします。新入生が登校する頃まで咲き誇っていてほしいと願っています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
宝塚市立宝塚第一中学校
〒665-0064
兵庫県宝塚市仁川うぐいす台1-1
TEL:0798-51-1132
FAX:0798-53-1049