最新更新日:2020/08/15
本日:count up139
昨日:135
総数:376725
★★★ようこそ! 宝塚第一中学校のホームページへ! ★★★   〜「 みんなでつくる みんなの学校 一中 」〜

「期末考査」始まる。

 本日より2学期「期末考査」が始まりました。
 「小仁川」沿いの通学路まで降りて来たところ、工事のトラックが重機を積んで接近。ちょうど登校時の生徒たちが通りかかったのですが、工事関係者がすかさずトラックを囲み「気を付けて」と声掛けしてくださいました。ありがたいですね。

 朝の小仁川沿いはゴルフ場側からくる自転車やバイクがかなりの速度で通り抜けるので心配です。
 しかし、その他は本当に静かで小仁川の「せせらぎ」が心地よい音を奏でてくれています。
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

流れゆく「巻積雲」から「巻雲」へ

画像1 画像1
 今朝の「うぐいす台」から見渡した空。

 「巻積雲」
 秋に美しい姿を見せる、雲の代表選手。
 「うろこ雲」「いわし雲」とも呼ばれ、細かな雲の粒がたくさん集まってできている雲で、空に白い小石をばらまいたように見えます。形が崩れやすく、美しい姿を長くはとどめないことが多いので雲の貴重品らしいです。

 「巻雲」
 雲の仲間の中で一番高いところにできる雲。
 ハケで掃いたように見え、「すじ雲」とも呼ばれ、雲の先端がカギ状に曲がっていることも。高層の空気の流れが速くなる秋に、真っ青な空の中で繊細で透き通るようなこの雲が流れていく姿は、とても美しいですね。

 明日から始まる三日間の「期末考査」。
 12月中旬の冬空になる予報ですので、体調管理を心掛けたいですね。
 

(^^「リズムジャンプ」トレーニング

 大音量の音楽に合わせて、ジャンプが始まった!

 グランドから響くダンサブルな曲に合わせて行う「リズムジャンプ」
 基礎体力がアップするのはもちろん、「集中力」がついたり、「ケガ予防」にもなることで、多くの体育で取り入れられ始めました。

 「リズムジャンプ」とは「音楽のリズムに合わせながら」「線をふまないで」「目標の動きをする」トレーニングのこと。たとえば両足で左右にとぶ。これに手や足の動きをつけてとぶ。さらにリズムをずらしてとぶ。このようなトレーニングを続けると、リズム感が求められるマット運動や球技などが上達する。
 現在、教育機関やプロ野球などのスポーツチームに広く取り入れられているそうです。

 ひと時の「秋桜」とともに…。
画像1 画像1
画像2 画像2

「名前」

 今日11月18日は、あの「ミッキーマウス」の誕生日。
 知っている人には有名な話で、映画「蒸気船ウィリー」が公開された日。初代の声はウォルトディズニー。当初は「モーティマー」と名付けられる予定だったそうな。(のちに別のキャラクターで登場)

 「名前」は親が子どもに贈る「はじめての手紙」なのかもしれないというCMコピーがありました。こんな子に育ってほしいという願いが込められた数文字…。
 明後日、20日(水)から始まる「期末考査」
 これからもテストや書類、さまざまな機会に何回も書く名前。
 そんな親の願いも考えて丁寧に書いてほしいものです。

さてさて何ができるかな?

 美術室にお邪魔すると、学習室の生徒たちが一生懸命スタンプを押していました。
 「さてさて何ができるかな?」と尋ねたところ、「ヒント、文化発表会の作品!」と返ってきました。そういえば…ホールに似た展示があったね。
 「ネタバレ」する生徒もいましたが、完成を楽しみにしています!
 
画像1 画像1
画像2 画像2

「北風」と「太陽」

画像1 画像1
 今朝は「北風」が強く坂道を登校する生徒たちも前かがみで校門を過ぎていきました。
 (桜の葉を見てきれいな「もみじだぁー!」には驚きましたが…。)
 しかし、授業が始まると「太陽」が降り注ぎ、11月の体育とは思えない服装。

 イソップの「北風と太陽」は有名な寓話。
 人に行動してもらうには、無理やり押し付けても×。
 太陽のように暖かく照らし続けることで自分自身の意思で動き始める例えです。

 子育てにも同じようなことがよく言われます。
 「叱る北風」「ほめる太陽」
 子どもたちはもともと「愉しんでやる」ことを求めていますから。
 親も子も、そして教師も互いに「愉しめる」習慣を培っていきたいですね。

 
画像2 画像2

みんな「タピってる?」

画像1 画像1
 「新語・流行語大賞」ノミネートに「タピる」が。
 修学旅行の沖縄でも有名店で「タピる」本校生徒の姿が…。
 朝、登校してくる生徒たちの会話の中にも、
 「昨日○○でタピっててん!」

 私がまだ20代の頃、台湾出身の知人宅で飲んだのがタピオカ入りホットミルクティでした。今や空前の大ヒットドリンク。(でもカロリーは高いよ!)
 今朝の朝刊コラムに、こんな記述が。
 「日本のタピオカ史も古い。(中略)江戸後期の蘭学者、高野長英は「答必膃加(タピオカ)」の字を当てて医薬書を翻訳した。」と。
 薬とは栄養なり。
 中学生も成長する「脳」の働きのため、しっかり食べてしっかりと寝ましょう。
 

自分たちで…。

 校長室で会議をしていると体育の授業での「生徒の声」がよく聞こえてきます。
 授業開始のチャイム5分前にもかかわらず、「早よ、自分たちでならぼうや〜!」という声。好きなソフトボールとはいえ、5分前から「自分たちで…。」と声をかける生徒がいる学校ってステキじゃないですか?

合同学習「西谷:芋掘り」へ【学習室】

 今日は学習室の生徒たちが、他校と交流しながら合同学習として「西谷:芋掘り」へ出発しました。
 天気も良くさわやかな陽射しのもと、どんな「お芋」が出てくるか楽しみですね。宝塚の北部:西谷は2〜3度気温が低くなるので少し寒いかもしれませんが、一生懸命作業するときっと心も体も温かくなるでしょう。
画像1 画像1

人権・同和教育(2)

 生徒たちの小学校時代や幼稚園時代までご存知の方もおられ、研究討議の分科会では「中学校になれば、あんなことができるようになるんだ」という感心の声と、「自治活動」など、小学生にとっても目標のようなものが発表されていると評価されている部分があり誇らしく感じました。
画像1 画像1

人権・同和教育(1)

 「宝塚第一中学校区:人権教育ブロック別実践研究会」は毎年開かれるのですが、今年は会場校として、本校で研究授業ならびに研究討議を行いました。
 校区内の幼稚園・小学校をはじめ人権教育推進員等の関係者に対して、全学年「道徳」の授業で人権・同和教育を教材にした公開授業を行い、たくさんの方にご来校いただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

紹介したい「ラグビー憲章」【全校集会】

画像1 画像1
 5日の朝、11月(霜月)の「全校集会」。
 予てより紹介したかった「ラグビー憲章」について話しました。

 「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」

 5つの文字を拡大し、生徒会執行部に壇上で持ってもらい紹介しました。本当に頼りになる執行部の面々。(よく気遣ってくれます)
 それぞれの意味するところは、学校生活はもちろん、これからの社会で生きていく彼らにとって大切な言葉ですが、「今」の学校生活を振り返る大切な言葉でもあります。
 一年の中で一番動き出す2学期。学級や学年、そして「宝塚第一中学校」として誇れる「今」かどうかみんなで考えようと締めくくりました。

 小学生とは違う中学生としての1年生。
 次期「生徒会」を築こうとしている2年生。
 そして、自らの進路を見定めようとしている3年生の仲間たち。

 「ONE TEAM」

 いつまでも「この○○○でよかった!」と誇れるものを生み出したいですね。
 

襷に込める思い…。【阪神中学校駅伝競走大会】

 10月26日に行われた「宝塚市中学校駅伝・ロードレース大会」に続き、先週2日(土)に「阪神中学校駅伝競走大会」が行われました。
 駅伝シーズンが始まった。
 この大会が全国大会まで続く中学校駅伝のスタートになります。

 好天に恵まれ、男女とも一生懸命「襷(たすき)」をつなぐ姿に多くの歓声が寄せられました。「駅伝」については、「陸上競技部」だけでなく、各校選抜の代表選手がチームをつくるため、昔から西宮市が上位を占めるのですが、かつては宝塚市の学校が三連覇したこともあります。その生徒の一人は、近隣強豪高校で全国制覇。そして大学では箱根駅伝に連続出場し、山下りの6区で当時の区間記録も打ち出しました。
 本校でも陸上競技部以外の選手の協力を得て参戦していますが、この時期まで頑張ってくれている3年生の力が本当にありがたく誇りに思います。

襷に込める思い…。【阪神中学校駅伝競走大会】

 10月26日に行われた「宝塚市中学校駅伝・ロードレース大会」に続き、先週2日(土)に「阪神中学校駅伝競走大会」が行われました。
 駅伝シーズンが始まった。
 この大会が全国大会まで続く中学校駅伝のスタートになります。

 好天に恵まれ、男女とも一生懸命「襷(たすき)」をつなぐ姿に多くの歓声が寄せられました。「駅伝」については、「陸上競技部」だけでなく、各校選抜の代表選手がチームをつくるため、昔から西宮市が上位を占めるのですが、かつては宝塚市の学校が三連覇したこともあります。その生徒の一人は、近隣強豪高校で全国制覇。そして大学では箱根駅伝に連続出場し、山下りの6区で当時の区間記録も打ち出しました。
 本校でも陸上競技部以外の選手の協力を得て参戦していますが、この時期まで頑張ってくれている3年生の力が本当にありがたく誇りに思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

美しい心

 あるクラスの「学級通信」
 『さて、この時期にはさまざまな「秋」が話題になりますが、私(担任)は「芸術の秋」をオススメしたいです。くだらぬことで脳みそが埋め尽くされる前に、たくさんの「美しい色」、「美しい景色(風景)」、「感動することば」、「心安らぐ音」、「創造の喜び」、「達成の喜び」「仲間への感謝」という「心」を育てることが大切です。詩人である「相田みつを」さんの作品の1つを紹介します。』

 『美しいものを見て、美しいと思えるあなたの心が美しい』

 外国人観光客に人気がある日本の「電信柱」
 その複雑さを改めて見ると「美しい」ラインに見えてきます。

 スズメが身を隠しやすい四角い横パイプにも注目してみてください。

画像1 画像1

濃霧に包まれる「うぐいす台」

画像1 画像1
 今朝の「濃霧」は大きくニュースにもなったように近畿全体に広がったようですね。
 【ある記事より】
 「30日の朝、近畿地方は内陸部だけでなく広い範囲で霧が発生しています。前日に広く雨が降り、まだ空気中に水蒸気がたくさん含まれている中、気温が下がったため、霧が発生しました。」
 
 その仕組み、体感する「理科」の勉強ですね。
 また、霧は「和歌」にも詠まれるくらい風情のあるものです。
 出勤したころはさほどでもなかった宝塚ですが、子どもたちが登校する時刻。生徒の一人が、どんどん霧に包まれる家並みを見て
 「お家がなくなっちゃう〜!」と。
 科学を知らなかった昔の人たちは、さぞ驚いたことでしょう。

「ベガ・ホール」の響き

画像1 画像1
画像2 画像2
 本日「第39回宝塚市中学校合同音楽祭」が宝塚市文化施設「ベガ・ホール」で開催されました。
 本校からは3年4組が学校代表として、午前の部3番目に出演しました。レンガ造りの壁に囲まれ、煌びやかなライトを浴びた舞台、そして後ろにはパイプオルガン。小学校の「合同音楽会」で一度はみな舞台に上がったと思いますが、中学生として、そして学校を代表して「クラス合唱」に臨む気持ちは最高だったのではないでしょうか。
 残念ながらキャパの関係で午前午後の2部(6校ずつ)に分かれねばならないのですが、他校代表クラスの合唱を真剣に聴く姿にも、みんなで創り上げる音楽祭の真髄を見た感じがします。
 この経験を次のステップに生かせるよう願っています。

「協働」 防犯と見守り

画像1 画像1
 本日午前中、「仁川まちづくり協議会」主催の「仁川地域の防犯・見守り活動について考える会」に出席してまいりました。
 小・中学生の登下校について、様々な観点からグループ討議を行った後、宝塚市青少年センター所長から「子どもを取りまく最近の状況と安全について」と題し、講話とまとめがありました。
 「つながる」というキーワード、大切にしたいですね。

巨大壁画に込めた「熱き想い」

画像1 画像1
画像2 画像2
 先週「文化発表会」で披露された巨大壁画。
 今朝、登校した生徒から「スゲェ〜!」
 そして、「きれい!」「オシャレ!」の声。

 それぞれの感想が、巨大壁画に込めた「熱き想い」に載って学校生活にいかされていきますように…。
 一中の「蕾」たちよ、しっかりとした「華」を咲かせよ。

襷の重み 【宝塚市中学校駅伝・ロードレース大会】(2)

結果は、
 女子駅伝の部で、見事第3位に輝きました。
 (区間賞も複数名受賞)
 また、ロードレースでは2,3年生女子の部で第1位を獲得。

 とりわけ、受験に向けて頑張っている3年生がこの時期まで協力してくれたことがとてもうれしいですね。
 「襷の重み」それは、仲間を思う自分自身との闘いの重み。将来きっと役立つ日が来ると信じています。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
宝塚市立宝塚第一中学校
〒665-0064
兵庫県宝塚市仁川うぐいす台1-1
TEL:0798-51-1132
FAX:0798-53-1049