最新更新日:2020/06/02
本日:count up249
昨日:502
総数:355926
★★★ようこそ! 宝塚第一中学校のホームページへ! ★★★   〜「 みんなでつくる みんなの学校 一中 」〜

市内「社会科」研究授業【1年生】

 本日、市内の「社会科」教科研究部会の研究授業が1年5組で行われました。
 各中学校の先生が多数来校し、公開授業の後、研究協議に入りました。
 5組の生徒は、公開授業も緊張せず、地理分野「アフリカ」について、詳しく学んでいました。協力ありがとう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「中体連:夏季市内大会」随想(4)

 全天候型の400mトラックの競技場を持たない宝塚市。
 「土」の上でも0.1秒を争う世界。
 0.1秒を争うために、100分の1秒にこだわるための努力。
 普段の生活習慣が確実にものをいう世界。

 過去、宝塚市から何度も「全国大会」出場者が出ています。
 中には、今は無き「学校番号」を背負って出場した人も。

 兵庫の「161」は、宝塚第一中学校。
 孤独な選手の戦いに、部員みんなの声を届けよう。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「中体連:夏季市内大会」随想(3)

 正規の競技場で「阪神大会」から始まる陸上競技部。
 しかし、まずは学校対抗として男女各「総合得点」を争う「市内夏季大会」でのチャレンジ。一人一人の種目にみんなの声援が響く。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

「中体連:夏季市内大会」随想(2)

画像1 画像1
画像2 画像2
 掛け合う言葉。
 そして、見つめる先の相手。
 どちらも真剣。

「中体連:夏季市内大会」随想(1)

画像1 画像1
画像2 画像2
 誰もが自分を信じ、誰もが仲間を信じた瞬間。
 熱い声援が会場に響き渡る。

「中体連:夏季市内大会」無事終える

画像1 画像1
 雨天等のため延期していた種目も含め「中体連:夏季市内大会」の全競技が終了し、阪神大会への切符を手に入れた部活もありましたが、残念ながら3年生として「引退」という結果に涙した生徒もいたのが事実です。
 どのような結果でも受け止め、次のステップに切り替えてほしいと願っています。

 お忙しい中、会場に駆けつけ声援を送ってくださった保護者・ご家族の皆様。また、早朝より「特別な」お弁当を作ってくださったり、「特別な」言葉のお守りを授けてくださったりと、陰ながら心の中で「がんばれ!」と応援してくださっている方も含め、心より感謝申し上げます。

さまざまな「願い」を込めて【七夕笹飾り】

画像1 画像1
 今、ホールには「願いを込めて」の七夕笹飾りが張り付けられるようになっています。(教頭先生:作)
 小さい短冊だけれども「熱い」願いがたくさんあります。
 しかしながら、よく見てみると「成績が・・・」の「績」が「積」になっている人が多いなぁ。残念!

 「一中生の健康を願う!」校長より 

「七夕」近し、給食も「天の川」

画像1 画像1
 「七夕」が近づいてきましたが、給食も「天の川」をイメージしたそうめんの「えびばち汁」でした。星や魚に切り抜かれた「にんじん」が当たり! 星型の「オクラ」も加わり楽しそうです。
 夜空に輝く「天の川」。都会ではなかなか観ることができません。この夏、どこかで観られるといいですね。「願い」を込めて。

互いに注意しあえる学年づくり

 今朝の学年集会の様子。(1・3年生)
 各委員からの諸注意にて、「互いに注意しあえるようになろう」と。
 少し集合の遅かった1年生。緊張感の漂う3年生。

 大雨は避けられたものの、これからは厳しい夏がやってきます。
 「安全」とともに「自立」へ向けた自己管理を願う。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

今後の「気象情報」にご注意願います!

画像1 画像1
 現在、九州南部の大雨に対する警戒情報が流れています。
 西日本をはじめ、近畿でも今夜から明日の朝にかけて雨量が増すそうです。
 今日の昼休みには元気にサッカーなどをしている一中生ですが、ご家族で明朝のニュースをしっかり把握していただくようお願いいたします。

 右「配布文書一覧(お知らせ)」も再度、ご確認願います。

清々しい「朝のあいさつ」

画像1 画像1
 校門脇に並んだ生徒たち。
 「朝のあいさつ運動」で生徒会執行部と各学年の委員が交代であいさつをする時間。
 登校してくる生徒も清々しく「おはようございます!」と
 うぐいす台に響く一中生の声。
 この姿勢は、どこへ行っても忘れないでほしいですね。

中体連夏季大会「挑む」(7)

画像1 画像1
画像2 画像2
 自分一人で戦っているのではない。
 いろんな人たちの「支え」があって今日の試合に臨んでいることへの「感謝」の気持ちを忘れずに。

 「時を守り、場を清め、礼を正す。」

 大切な道具、大切な一球、そして、大切な仲間。

中体連夏季大会「挑む」(6)

 つい、叫びたくなる「瞬間」
 つい、手を挙げて喜びたくなる「瞬間」
 「一瞬」にかける思いをいつまでも大切に。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

中体連夏季大会「挑む」(5)

 「悔い」なくプレーできたか。
 「悔い」なく支えあえたか。
 これからも「悔い」の残らない前向きな姿勢を。
 まだまだ始まったばかりの人生を楽しめ!
画像1 画像1
画像2 画像2

中体連夏季大会「挑む」(4)

 「応援」する声、かけあう「声」、響き渡る「歓声」
画像1 画像1
画像2 画像2

中体連夏季大会「挑む」(3)

 「信じる力」そして「信じあう力」
 大人になるほど難しくなるかもしれませんが、いつまでも大切にしたいですね。
画像1 画像1
画像2 画像2

中体連夏季大会「挑む」(2)

 延長戦の「緊張感」に耐えうる心の持ち方はこれからの人生にきっと役立つでしょう。
画像1 画像1
画像2 画像2

中体連夏季大会「挑む」(1)

 中体連の夏季大会が先週から始まっている。
 あいにく、日曜日が雨天のため途中延期になった種目もあり、まだまだ続きますが、一部の輝く姿をご覧ください。
画像1 画像1
画像2 画像2

全校集会【7月1日】

画像1 画像1
 本日は月初めの「全校集会」でした。
 今年は、市内の中体連夏季大会が始まったばかりで、天候の関係でまだまだ続く部活動もあれば、惜しくも敗れてしまった部活動もある中、表彰はすべて終業式にすることとしました。
 さて、「壮行会」でのメッセージで「結果は必ずついてくる」と激励しました。
 「嬉しい結果」や「残念な結果」。すべて受けとめなければなりません。スポーツにおいて、ジュニア世代のこの時期の「結果」はすべて先々の人生に役立つものです。むしろ、役立たせないといけないものでしょう。学習も含めて「学校生活」に目標を立てて計画し、志を高く日々やるべきことを見つけ、考え、工夫して実践して、終わればかならず振り返る。「振り返るな、前を向け」とも言われますが、あえて今は「結果」に対して、何がどうだったのかを見つめてほしいと感じます。
 少なくとも、受験に向かおうとしている3年生には、同じ部活動で励ましあった「仲間」との「絆」があるんじゃないかな。「誇り」に思える「絆」であってほしいです。

 ※大会で出会った「瞬間」は随時UPしていく予定です。

100分の1秒を縮める(日本陸上選手権)

 まもなく「日本陸上選手権」100m決勝が始まる。
 ワクワク・ドキドキでは表現しきれないものがあります。陸上競技に限らず、ここ数年の日本人選手のスポーツ界での「躍進」には、驚きを隠せません。私たちが絶対に無理だろうと思っていた「世界」がどんどん身近になってくる。
 今夜も新たな『歴史』が生まれるかもしれない。
 陸上競技部の選手でなくても注目のレースですね。
 来年は『東京オリンピック』なんですね。(一度だけ旧国立競技場のレーンに立ったことがありますが、心がざわつきました。)

 宝塚第一中学校を卒業した生徒たちは、どんな『世界』を見るのでしょうか。「G20」がほんの近くで開催されていますが、とにかく「平和な世界」を願うばかりです。
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
宝塚市立宝塚第一中学校
〒665-0064
兵庫県宝塚市仁川うぐいす台1-1
TEL:0798-51-1132
FAX:0798-53-1049