最新更新日:2020/05/29
本日:count up55
昨日:255
総数:112261
学校教育目標「本気・勇気・思いやり」

校長室からのメッセージ

先を読む思考力を伴う遊びを

始業式・入学式以後、友達と会えず3度目の週末を迎えます。子供たちの中に、曜日の感覚がなくなってきているという声が届いています。もしも可能ならば、週末は、家族で家でできるゲームをしてあげて、休日感を味わわせてあげてはいかがでしょうか。少し頭を使う「先を読む」思考を伴うゲームを2つ紹介します。

1.はさみ将棋です。
将棋盤やコマがなくても手作りでもできます。9マス×9マスを書いた大き目の紙と子供たちの好きなキャラクターを描いたり貼ったりしたコマ9個×2種類を用意します。遊び方のルールは、基本的には、1回の攻撃で1つのコマを縦もしくは横に進めます。そして、相手のコマを縦方向か横方向で挟めばそのコマを取れるというものです。
2.オセロゲームです。
これは、よくご存じとは思いますが、簡単に説明をすると、縦・横・斜めで挟んだ相手のコマを裏返していくという陣取りゲームです。公式ルールは、オセロゲームのサイトでご確認ください。ただ、このオセロゲームも8マス×8マスを書いた大き目の紙と少し硬めの裏表で色の違う紙を同じ大きさに切って合計64枚作ればできます。コマは、丸く切らなくても四角でもゲームは、できます。いかに角をとっていくか、なかなか頭を使うゲームだと思います。
その他にも、トランプを使ってのゲームなど、お茶やお菓子を食べながら、ちょっと休日ムードを作ってみては、どうでしょうか。
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
宝塚市立宝塚小学校
〒665-0842
兵庫県宝塚市川面1丁目7-34
TEL:0797-87-0451
FAX:0797-84-0779